2013年1月12日土曜日

Ubuntu 12.04へのCanon PIXUS MG4230のインストール方法

先だってもサラっと書きましたが、EPSONのプリンターが随分と使ってきたため、ヘッドをクリーニングしても、色合いがおかしくなったり印字が汚くなってきたので、無線LAN対応のCanon PIXUS MG4230を購入しました。

当初、Windwos版はドライバは問題無いのですが、Ubuntuの場合で無線LANでうまく接続で起因時できるかが気になりましたが、結果として無事インストールできました。

手順としては、
1. ここのページから、debianパッケージをダウンロード。
http://cweb.canon.jp/drv-upd/ij-mfp/linux-pd-mg4230-380.html

2. ダウンロード、早速インストール。

3. 無線LAN付きプリンター、Canon PIXUS MG4230の電源を入れる。

4. プリンターが立ち上がったら、Ubuntuからシステム設定->印字をクリック

5. 印字の「追加」を押下

6. ネットワークプリンターをクリック

7.しばらくUbuntuが接続可能なプリンターを自動で検索し、表示としてはプリンター名とそのMACアドレスが表示されたものを選択。

8. 選択後は、下部に出てくるボタンの指示にしたがって数回押下するだけで、あっという間に無線LAN環境でのプリンター設定が終了。

9. 念のため、テスト印字を行い、印字されたら終了。

かつて、いろいろなプリンターをLinuxへ接続する際に苦労してきましたが、メーカーが出してきたドライバーもあり、接続も至って簡単、ここまで時代がきているとは思いもよりませんでした。

値段も非常にやすかったことと印字速度がそこそこ早かったので、購入してみましたが、結果としては大正解でした。もし、プリンター購入の際には、上記のプリンターと設定方法をご参考ください。
また、ご不明点があれば、コメントをお待ちしております。


新品価格
¥8,830から
(2012/12/29 12:55時点)

0 件のコメント: